専業主婦の愚痴話

私を気にかけてくれる人

何年前に出会ったか(算数が苦手なので計算できない) 久しぶりに電話をかけてきた人。
実は私も気にかけていたのです。電話をとると『ああぁ~いてよかった。あんたどうしてる?元気だった?心配してたよ』御年80歳になる いつも私の事を気に掛けてくれている人。『元気よ、○○さんこそお元気にしてますか?』 電話に出ないと心配になるらしい。30分ほど話をしていた。いつも同じような話だが 『私も色々苦しい体験しけ来たわ。でも 精神を強く持たなかったらやっていけない!』80歳のこの言葉。『私に その強い精神少しでいいから分けてくださいな』と。何とも私も情けない。毎日の食卓の話が多かった。工夫して買い物をしている事、年齢的なこと、ご主人の事etc。もっと近くに住んでいたら おかずのおすそ分けも出来るのに。そう 私は早めの夕飯の支度で お初のたけのこを煮ました。畑から収穫した菜花、ブロッコリーも茹でました。さっと○○さんの所へ届ければよかったのに。『今度 煮物でも届けるね』気にかけてくれる人が居る事が嬉しかった。
c0137444_17151662.jpg
庭のあちこちに咲いている野すみれ。数日前の雨、風にびくともせず逞しく咲いている。すみれのように強く逞しく生きていかなくてはとちょっと反省しています。
[PR]
# by suzu-kinako | 2008-04-11 17:28 | 出会い | Comments(0)

人生の扉

春がまた来るたび ひとつ年を重ね

目に映る景色も 少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでいた 幼い日は遠く

気がつけば五十路を 越えた私がいる

信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら

どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ


I say it's fun to be 20

You say it's great to be 30

And they say it's lovely to be 40

But I feel it's nice to be 50


満開の桜や 色づく山の紅葉を

この先いったい何度 見ることになるだろう

ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ

ひとりひとり 愛するひとたちのために 生きてゆきたいよ


I say it's fine to be 60

You say it's alright to be 70

And they say still good to be 80

But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように

長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ


I say it's sad to get weak

You say it's hard to get older

And they say that life has no meaning

But I still believe it's worth living

But I still believe it's worth living


雨の日の今日 何度も聴いていた 『人生の扉』(竹内まりや)
[PR]
# by suzu-kinako | 2008-04-10 18:12 | 出会い | Comments(0)

私の救いは猫たち

周辺が花でいっぱいになる4月。ここ数年 私は体調不良になってしまう。マンモグラフィーの結果は大事に至らずほっとしたと思ったら めまいの前兆のような体になって静かに過ごしています。そんな時いつも3匹の猫たちが 言葉は発しないが優しく傍にいてくれて救われています。ここ何日かきなこが添い寝してくれている。いい年して添い寝?これがたまらなくいい!
c0137444_13301890.jpg
ごろごろ言いながら?朝まで付き合ってくれるきなこ
c0137444_13332423.jpg
ちらっと見ているだけの いつも気ままなすず
c0137444_1341488.jpg
朝 私が起きて来るのをじっと待つ寅次郎

私の不調をいち早く察知するのはきなこで以前 トイレで立てなくなった時にそっと中に入って来て 膝に乗って30分くらいじっと付き合ってくれた時もあった。猫なしで生きていけない私になってしまった。
c0137444_1354985.jpg
木から落ちそうな寅次郎
がさがさ音がするので見上げたら 寅次郎があわや転落寸前。どうにか着地して
c0137444_1356343.jpg
どじな寅次郎を下で笑っているすず
猫と一緒の人生それもあり。
[PR]
# by suzu-kinako | 2008-04-09 14:06 | ねこ | Comments(0)

やっぱり花より団子

時期が来ると 知り合いの畑で摘ませていただく♪よもぎ♪c0137444_15491458.jpg


重曹を入れてよく茹で 水にさらしてから絞って包丁でたたいておく。上新粉を熱湯でこねてから蒸し器で20分程蒸してから よもぎを練りこむ。




c0137444_1557673.jpg
左から:小判形にして中にあんを入れた定番の『我が家の草団子』・小さく丸めた団子をちょっと潰してあんをからめた・きなこをまぶした団子c0137444_1633760.jpg




あんをからめて 和菓子皿に盛ればおもてなしにいいかもしれない。



今年の桜も満開を過ぎて 当市の桜まつりも多くの人たちで賑わっていると朝刊に載っていました。早朝の人が繰り出す前に 車でぐるーっと走って見納めの桜。充分見ごたえのあっった桜並木も 終盤が近づいて ちょっと寂しい。
c0137444_1611089.jpg
市役所通り
桜もいいけど やっぱり 私は花より団子です003.gif
[PR]
# by suzu-kinako | 2008-04-06 16:29 | お菓子 | Comments(2)

どこか懐かしい風景

市内の外れ 日頃の疲れを取るのにもってこいの場所。建物は江戸時代中期に建てられた物と推測されています。 こんな所に居ると気持ちが落ち着いて別世界に来たような感じがします。市内 青柳寺の庫裏として使用していたものを移設、平成10年4月開園した『古民家園』。開園の式典に何故か来賓として列席していた事を思い出した。もう10年たったんだ・・・・・時々足を運び 裏側の縁側に座ってお供した人と静かにお喋りしていた事もありました。
c0137444_15412614.jpg
建物の全景
c0137444_1542251.jpg
長居したくなる空間
c0137444_1543543.jpg
座って眺めていた なんだか懐かしい
c0137444_15434084.jpg
中から見た外の風景
c0137444_1544633.jpg
むかし話に出てきそう

シルバー人材センターから派遣された方がいつも周辺をきれいに掃除したりしている。『まあーゆっくりお喋りでもしていきなさい』なんて声をかけられ 釜戸の火を眺めながら 懐かしい気持ちになって 近代化された今の台所事情の話やTVで話題になっている事件やご自身の出身地、昔の仲間の話やら随分長い時間 私は熱心に話を聴く側にいた。あまりにも静か過ぎて でも 心地いい空間に酔いしれて・・・・・外は桜が満開になって 散り始めた花びらが舞っていた。
[PR]
# by suzu-kinako | 2008-04-03 16:17 | 自然 | Comments(0)



遊びに来て下さいね
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
アラックさん 昨夜は女..
by suzu-kinako at 09:14
akidaikaiさん ..
by suzu-kinako at 09:11
小平選手、1000mでは..
by umi_bari at 13:55
kinakoちゃんおはよ..
by akidaikai at 09:02
yasukonさん オ..
by suzu-kinako at 15:40
hanakitagawa..
by suzu-kinako at 15:37
doremiさん かぼ..
by suzu-kinako at 15:36
otomeさん 福寿草..
by suzu-kinako at 15:34
わぁ~~お宅も金メダル(..
by yasukon20 at 10:45
おはようございます 寒..
by hanakitagawa5 at 08:47
外部リンク
最新のトラックバック
どんど焼き
from だるまさんが転んだ♪
泳げ鯉のぼり~~<゜)))彡
from 珈琲はいかが
可愛いよ
from かさご カサゴ 笠子  cc..
吊るし飾り作品展
from 鎌倉大根
芽キャベツ 苗植え付け後..
from Kochan's ベランダ菜..
2010年3月 宵節句の..
from K's Sweet Kitc..
2009年9月29日 う..
from K's Sweet Kitc..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧